沖縄 自然写真家
 Okinawa Nature Photographer   

ショーン・ミラーは環境保護主義者であり、また、自然を撮る写真家です。
ショーンの写真プロジェクト「カニとビーチのゴミの家」は見るだけでも大変おもしろく
非常に興味深い作品ですが、海岸線の汚染という非常に深刻な問題に光を当てています。

皮肉なことに、私たちがビーチで貝殻を集めるという習慣は、カニの避難場所を奪うことになるため、
カニはそのまま海岸に落ちている使い捨てのプラスチック製品をシェルター代わりに使うことになります。

彼は時間を割き、環境に配慮をすることの出来るエコウォーリアー(エコ戦士)の世代を育てるために
親の世代の人たちには今何ができるのか、ということ
そして、私たちがプラスチックの問題にどのように取り組んでいけるのか、を教えてくれました。

ショーンの美しい写真たちを、ぜひこちらのリンクよりご覧下さい:
http://okinawanaturephotography.com/


Shawn Miller is an environmentalist and nature photographer here in Okinawa, Japan. Shawn’s photo project “Crabs with Beach Trash Homes”, while curious and incredibly interesting to look at, shines a light on the very serious problem of pollution on our coastlines.

Ironically, the habit of collecting beach shells leaves crabs without shelter which, resourceful as they are, the crabs will substitute for single use plastic items. In an ideal world, however, we’d leave the beach on the beach, and take our trash home with us.

View Shawn’s amazing work here: http://okinawanaturephotography.com/

Leave a Comment